• 日本語
  • English
  • العربية

初めてのお客様

ご依頼から納品までの流れ&アラビア語に関して

シャムスはアラビア語に強い会社です。

こんな事ありませんか?

上記は、お客様からよくご相談を受ける内容の一部です。 弊社は、中東諸言語を通じた、さまざまな仕事のお手伝いをさせていただいております。 作業形態も多岐にわたり、メーカー各社様の輸出用製品の取扱説明書やカタログ、日本文化や政治経済を伝える冊子やWebサイトの翻訳・編集、現地に進出される企業様への法律文書や会社案内等の翻訳、個人のお客様のためのパスポート・証明書等の法的書類の翻訳、 語学書・辞書の編集など、様々なものがあります。

シャムスは、アラビア語で『太陽』という意味です。 創業以来、アラビア語等の中近東言語の翻訳を得意分野としてまいりました。 その品質は、「アラビア語のシャムス」という高い信頼につながっております。 まだまだ日本ではなじみの薄い中東圏ですが、 シャムスには中東圏に関する蓄積されたノウハウ・知識があります。 何かありましたら『お問い合わせフォーム』より、お気軽にご相談ください。

ネイティブスタッフと日本人スタッフによる協力体制

対応言語30言語以上、TRADOS翻訳、用語統一、納品形態、対応ジャンル

日本語版ではなくMiddle East(中東)版アプリケーションを使う理由

詳しい内容は“多言語翻訳” “多言語DTP”のページをご覧ください。

アラビア語とは?

アラビア語は、中東・北アフリカ諸国で用いられる言語です。20カ国以上で公用語となっており、世界の言語の中で比較的広い地域で話されている言語です。国際的な商取引においても、アラブ諸国の商習慣ではアラビア語が一般に使用されます。そのため、当該諸国へのビジネス展開においては、アラビア語翻訳が重要な要素となります。しかし、アラビア語は、特殊な文字、複雑な文法、右から左へと書く特徴などから、ローカライズがとても難しい言語です。

正則アラビア語
 

アラビア語は国・地域によって異なる方言(アンミーヤ)がありますが、文章においては正則アラビア語(フスハー)というアラブ諸国の共通語を持ちます。
公共の場での演説、テレビ・ラジオ・新聞等のメディアでは、この正則アラビア語が使用されています。

アラビア語を公用語
としている国々

アラブ首長国連邦・アルジェリア・イエメン・イスラエル・イラク・エジプト・エリトリア・オマーン・カタール・クウェート・サウジアラビア・シリア・スーダン・チャド・チュニジア・パレスチナ自治政府・バーレーン・モーリタニア・モロッコ・ヨルダン・リビア・レバノンなどがアラビア語を公用語としています。

中近東でアラビア語
以外の言語の国々

以下の国々における主要言語は、アラビア語ではありません。
アフガニスタン:ダリー語・パシュトゥー語、イスラエル:ヘブライ語、 イラン:ペルシャ語、パキスタン:ウルドゥー語
もちろん、これら言語の翻訳も弊社の得意分野です。


ご依頼から納品までの流れ

企画から翻訳、DTP、印刷まで、一貫してお任せいただけます。また、翻訳のみ、DTPのみなど、様々なご要望にお応えします。  

ご依頼から納品までの流れ図


実績、お取引先の一部をご紹介

実績の一部

その他、家電メーカー、自動車メーカー、出版社等、多数のお客様にご愛顧いただいております。

このページTOPへ

シャムスロゴ

〒160-0023
東京都新宿区西新宿4丁目14番地4号
カツラビル(受付4F)

地図(Google MAP)

TEL.03-5388-8360
FAX.03-5388-8365

おかげさまで29周年

ネイティブスタッフ+日本人スタッフによる高品質翻訳

Copyright (C) 2014 SHAMS Company